jun la vie
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ひまなひとだけ、よんでね♪
 


じゅんの舞台について、考えてること。色々。


(まとまりがないし、うざい感じ。)


 


*しんじゅくしんじくん*

今回の舞台の発表を聞いてから、2か月ぐらいずーーーっと悩み続けたけど(他に考えることないのか?)、わたしは、今回原作を読まずに舞台を観に行くことに決めました。

(ま、読まずに一度観て、そのあとで、原作を読んで、もう一度観るってのが一番いいんだけどね〜。)

おそらく、難しい内容だと思うし、一度の観劇でキチント理解できるような脳みそをわたしが持っているとは思えないし、舞台を理解することを一番に考えると、原作を読んでから、観劇したほうがいんだろうなあと思います。

でも、わたしは今回、まつもとじゅんくんを見に青山劇場に行きます。(きっぱり)

芝居を観に行く時のスタンスとして、こうゆう気持ちで観に行くのは正解ではないかもしれません。

でも、開き直ります。

わたしは、まつもとじゅんが演じる、しんじゅくしんじを見るために・・・見るためだけに、と言っても過言ではないぐらい、そのために、青山劇場に足を運びます。

そのことを考えたときに、原作の新次のイメージを自分の中に先に入れたくないなあって思ったんです。

まつもとじゅんが演じる、しんじゅくしんじを、まっさらな状態で受け止めて、感じたいんです。


だから、新次くんがどんな人なのか、現段階では、あらすじに書いてあるキャラクターであったり、フライヤーを見て感じた印象ぐらいでしか知らないのですが、シネマガイド(だったかな?)で、新次くんについて潤が話しているのを読んだ時に、新次くんてワイルド系だと思っていたけれど・・・もしかしたら、結構かわいい人なのかもしれないなあって、ちょっと思ったりしました。

ちなみに、わたしが考える、「かわいい人」てのは、明るくて素直で笑顔がかわいくて〜みたいな、みんなから愛されるようなタイプの人間ではなく(そうゆう人も、もちろんかわいいと思うけど)、なんてゆうのかなあ・・・不器用だったり、素直じゃなかったり、めんどくさかったり、ややこしかったり、人から誤解を受けたりすることもあったりするんだけど、でも、根っこの部分が、ものすごーく純粋な人。根っこが真っすぐな人。そうゆう人を見ると、かわいいなあって思います。

ま、たとえば誰?って聞かれると、まつもとじゅんくんみたいな人なんですけど・・・。(笑)

新次くん・・・どんな人なのかなあ・・・妄想膨らませて楽しみに待っています。



*にながわゆきおさん*

蜷川さんのことは、正直、そこまで詳しくは知りません。
舞台も前にテレビでやってたのを一回観たことがある程度だし、正直、潤と接している時の蜷川さんしか知りません。

でも、とりあえず、潤と接している時の蜷川さんは、わたしは好きです。

なんてゆうか・・・ジジイ!って感じがいいと思う。
わはは。(褒めてます)

誰かが潤のことを話してる時に、松本さんは物腰柔らかで素敵な人で〜なんて褒められたりすると、嬉しいんだけど・・・ちょっとだけ反発したくなったりするんですよね、わたしは。

もちろん、愛情があるってのが前提なので、本気でけなされたりしたら、5代ぐらい祟るけど(こわっ!)「あいつは、とんでもないやつだ!」とかそうゆう言い方されてる時のが実は嬉しかったりするんです。

蜷川さんは口は悪いし、ベタベタに褒めたりもしないけど、潤のことを信頼してくれていて、ものすごく愛情を持ってくれているのを感じるし、蜷川さんの潤を見ている目線がわたしはすごく好きなんですよね。蜷川さんが、自分が持っているものを託したいと思う人間の一人に、潤を選んでくれているのも嬉しいことだなあって思う。

潤も「あそこまでパワフルに人を追い込む、愛情とエネルギーを持って高く飛ばそうとしてくれる人はいない」って、雑誌で言っていたけど、今のまつもとじゅんに本気でダメ出ししてくれる人って、どれだけいるんだろう?って思うし、背中を蹴っ飛ばして、「飛べよ!」って言ってくれる人なんて、きっと蜷川さんぐらいしかいないと思います。

それって、すごくありがたいことだと思う。

だからね、いくらでも背中を蹴っ飛ばしてやって欲しいです。(鬼)

わたしは、潤を溺愛してるし、ものすごーーーく甘いと思うけど、でも、実はそこまで過保護ではないんですよね。(過保護な部分もおおいにあると思うけど)
子どもを崖から突き落とすライオンの母的な(??)とこもあると思う。


だから、辛い思いをして欲しくない!とかあんまり思わないんです。
もちろん、本当の意味で辛い思いは絶対にして欲しくないし、もし、そうゆうことがあったら、全力で守るけど(うざい)仕事上での潤がそれを望んでいる類での辛い思いなら、いっぱいしたらいいと思うし、いっぱい傷つけばいいと思うし、いっぱいもがいて、いっぱい苦しめばいいと思う。
(んふふ・・・どSすぎる?)


とにかく、全部見ててやるから、思いっきりやりなさい!(By.おかん)

そうゆう気持ちで、今、荒野に立ち向かう2011年秋のまつもとじゅんくんを見ています。










| 21:08 | あらしくん。 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |