jun la vie
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
2015.3.11
 

先日、被災した方1万人のアンケートを基に作成された番組を見ていたのですが、4年前のあの日失ったものはとても大きい、でもそれだけではなくてあの日をきっかけにこの4年間で奪われてしまったものがたくさんあって、それはとても重いのだと感じました。

震災をきっかけに家族が怒りっぽくなってしまい、家族の関係がうまくいかなくなってしまったとゆう方がいらっしゃったのですが、どんな状況でもそうだと思うけれど、身近にいる人たちとの関係がうまくいかなくなることほど自分を打ちのめすことはないと思う。

積み重なる疲労が気力や体力や精神力を奪っていく。

生きている、とゆうことはいつだって素晴らしく尊い。
でもその輝きが、生きていく、とゆう過酷さに押しつぶされてしまうこともあると思う。

奪われてしまった生きていく、
そして、これからも続いていく、生きていく、
その道にどうか光と花を・・・




| 21:43 | 3.11 | comments(0) | - |
2014.3.11
 

自分が何を言えるのかとか、自分が何ができるのかとか、正直言うといまだにわからなくて、心の中も頭の中もぐるぐるしてしまうけど。

自分の言葉も、行動も、何一つ正しいことがなかったとしても、無関心にだけはなってはいけないといつも思っています。

一歩一歩前に進んでいって欲しい、いっぱいいっぱい笑顔が咲いて欲しい。
でも、消えない悲しみがあることも忘れません。
本当に本当に大切な命だったのだから。








| 20:24 | 3.11 | comments(0) | - |
2013.3.11
 

感じていることや、考えていることはたくさんあっても、それを言葉にしようとすると、のどが、ぐってつまって何も言えなくなってしまうような感覚は、2年前から変わりません。

負い目とゆう表現は、ちょっと違うかもしれないけれど、経験していないとゆう負い目のようなものが自分の中にあるような気がします。どんなにどんなに想像してみても、追いつかない。

それでも、心を寄せるとゆうことが、なにか、ほんのちょっとでも、なにかの力になったらいいなあ・・・。自己満足にすぎなくてもそう思う。

応援してるよー!忘れてないよー!忘れないよー!

失われた大切な命も、残された大切な命も、素敵な場所にきちんと辿りつけますように・・・。

| 03:11 | 3.11 | comments(0) | - |
2012.3.11
 

昨日と今日の区別がつかないような日があって、なんだかデジャヴみたいだなあ・・・なんて思う。
そんな、永遠に続いていくかのように思える当り前の平凡すぎる日常。

そんな毎日を過ごすことが、どれだけ幸せで、贅沢なことなのか。
ずっと続いていく・・・なんて思うことが、どれだけ傲慢な考えなのか。
そのことに気付かされた日から一年がたちました。

この一年、震災のことについて話そうとするたびに、言葉がぐって喉につまるような感覚があって、息が苦しくて、どんな言葉を発したらいいのか分からなくなっていました。
わたしに何が言えるんだろう?って。
わたしが発するどんな言葉も、無神経で人を傷つけてしまうような気がしてこわかった。
でも、逃げちゃいけないな・・・て、今、すごく感じています。

たくさんの尊い命が奪われた。
いまだに行方が分からない人もたくさんいる。
その中には、わたしの中学時代の同級生もいます。

当り前の日常を奪われて、生活に困っている人がたくさんいる。

3.11を区切りとして捉えるのではなく、「忘れない」と改めて誓う日にしたいと思います。

亡くなられた方々のご冥福と、被災地の復興を祈ります。
そして、ちびっこいことでも自分にできることを探し、行動していきます。


2012.3.11
Read more ...
| 03:11 | 3.11 | comments(0) | - |